チコズハウスロゴマーク

ABOUTアトリエのある家

「家族らしさ」と「自分らしさ」。どちらも大切にできる家って、どんな家だろう?

3.アトリエのある家〜chiko’s house〜が大切にしていること、その②:「家事の効率」


家族と向き合う時間。自分と向き合う時間。etc...

なにを大切に暮らしていきたいかは、人それぞれ。

そのときどきでも、変わるものだと思います。

大切にしたいことを大切にできる時間が持てるよう、 家事やお客様対応の効率化をお手伝いします。

CASE1
キッチン・収納・洗面は、最短距離で、効率的に。


行ったり来たりする場所は、一直線にすると便利です。

洗濯機をまわしながら、 リビングにいる子どもたちの様子を確認しつつ、 ごはんの支度でキッチンと収納をなんども往復…

なんて具合に、 あれも、これも、それも、いろいろ、 同時進行で進む家事仕事のスムーズ化を、 家事動線という考え方でお手伝いします。

CASE2
お客様から見えるのは、ホールだけ 。


家族でだらっとくつろいでいたり、 子どもが楽しそうに遊んでいるとき、 お部屋のあちこちが散らかることもあるかもしれません。

どんな場合にいらっしゃるお客様へもお応えできるよう、 玄関から見える視界を調整できる間取りを考えました。

リビングとアトリエの扉を閉めると、 お客様から見えるのはホールだけ。

宅急便の方や、立ち話にいらしたお客様には、 いつでもすぐに対応できます。

CASE3
危険・やりかけなものも、そのまま置いておける。


描いたり、つくったり、撮影したり、デザインしたり、 小刻みに片付けていてはちっとも進まないような、 ある程度まとまった時間をかけたいことに 思う存分取り組めるよう、アトリエがお手伝いします。

リビングではごはんのたびに片付けなくてはいけなくても、 アトリエなら、そのままにしておけます。

子どもに触ってほしくないものや、 子どもが近づくと危険なものがあるときには、 アトリエの扉を閉めて、しばし立ち入り禁止にすることも一考です。